相場を出来る限り高めて貸すことができた大切なマンション

マンションを所有

マンションを所有していて、この物件はサラリーマンになってから、資金を少しずつ貯めて購入した大切な物件です。
約4千万円の物件になり、1千万円の頭金を用意して購入し、その後は約20年にわたって住み続けてきました。
外観は壁のリフォームを大規模改修として組合で行っており、エントランスもリフォーム済で、共用通路なども張替えを済ませている状態なので、古い物件ではありますが、見た目は非常に綺麗な状態を保っています。
私の専有しているスペースについても、リフォームを何度も行ってきた背景があり、例えば床材を新しいフローリングに張替えを行い、購入時には和室が設けられていましたが、全ての室内を洋室にリフォームすることも行っています。
水周りの場所としてユニットバスやトイレの便器も新しいものへと交換を済ませている状態で、共用部分だけではなく、室内も見た目は非常に綺麗です。
大切に住んでいた物件になり、目立った傷みなどが無い状態で、便利な場所にあるので快適な生活を送ることができていたのですが、3人目の子供が生まれたことで、このマンションで生活を送るには、少し狭い物件となってしまいました。
そこで、一戸建て住宅を購入することを検討して、実際にお目当てにしている物件を見つけることができました。
住宅ローンは既に終わっている状態だったので、新しい一戸建て住宅だけのローンで済ませることができるので、金銭的には全く問題に感じることがありませんでした。

マンションを所有マンションの活用方法マンションを貸した家賃収入

マンション貸す : 分譲マンション賃貸の特徴 | 分譲マンションの管理・リロケーションのマンション専門プラザ